2015年

10月

13日

引っ越し、写真展、ビリヤード。

先週の一週間どうやっても体の自由が効かなくてブログとビリヤードをお休みをいただきました。




毎週ブログやレッスンを期待していた方には本当に申し訳なく思ってます。




9月の中旬一悶着がありまして引っ越しを余儀なくされ、そんな中レッスンもあるし写真展もある、引っ越しの準備、とかなんとかよりもなによりも引っ越し先を決めなきゃならなくてシルバーウィーク明けから右往左往。




引っ越し先が決まったのが9月30日、そこから審査で鍵をいただいたのが10月3日、そこから引っ越しで10月7日には退去しなければいけない中での10月5日からの写真展。




実は今回の写真展で自分自身の新境地が開けたんです。




写真を始めてから4年、私は風景写真を撮ってきました。




ところが今回の自分の初の写真展だというのに出した写真はこの二枚。








まさかの人物写真。




いやはや自分でもまさかこうなるとは思わなくて。




でも実は人を撮りたい願望は始めからあったんです。




ですが人を撮るってことは他人様の顔が作品となって残るわけなんす。




知ってる人なら許可も取れるのですが、街行く人や道行く人の写真な訳ですから許可も取りにくく面倒なことになるのは撮る方も取られる方も迷惑になるので諦めていたんです。




ですが今回の写真は頼まれて撮ったものなんで問題はオールクリア(^^)




この日はアルゼンチンタンゴを撮りました。




動きのあるのもはその一瞬しかシャッターチャンスがありません。




一枚目も二枚目も撮る前からイメージとして頭にあってそのイメージになるタイミングを何度も何度も探し撮り続けて撮れた二枚なんです。




この日は100枚ほど撮ったでしょうか、その中から自分おイメージのものを厳選しトリミング、調整を施し作品として仕上げました。




感情、表情、雰囲気、動きと静、生きとし生けるものの動きはその一瞬歯科ありません。




ビリヤードでは再現性にこだわる私ですが写真では二度とないであろう瞬間を捉えたいと奮闘します。




そのためなら何度でもチャレンジしますしできるまでやります。




ビリヤードもそうですが『好きこそ物の上手なれ』です。




上手になるまでやってみればなんとかなるものです(^^)




という訳で10月5日から始まった写真展。




お時間がありましたら足を運んでください(^^)





会場

cafe 茉莉花
http://morifa-homepage.jimdo.com/